Travel Diary

モロッコ 7時間の車中 みんな睡眠中

ボクはさっき飛行機の中でよく寝れたせいか、あまり眠くない。
もしくは初めてのモロッコでドーパミンが出まくっているのかも。本当に興奮状態だ。

その後も何回か休憩を挟む。
いつの間にかハイウェイから降りて、一般道を走っている。

夕暮れが迫り、外の景色がオレンジ色に染まる。
今通っているあたりは、塩田だ。塩にオレンジの光が反射してキレイだ。
やっぱり、どこの国でもサンセットは美しいな。地平線に沈んでいくオレンジの太陽が、バスの中までオレンジに染めていく。

あぁ、この景色ずっと見ていられるわ。

夕陽が完全に沈むと、今度はトワイライトの時間。
夜の帳が降りてきて、闇が濃くなっていくこの時間も好きだな。

そして、このトワイライトの時間はあっという間だ。
すぐに夜が勝って、真っ暗闇になる。

暗くなると、人間やっぱり眠くなるな。
だめだ、寝よう。

ん。
どのくらい寝ていたかな。1時間くらいか。

バスはまだ目的地に着かず、山道を走っている。
そして曲がりくねった道を、車体を揺らしながら上昇。

「おはようございまーす。皆さん、左側がシャフシャウエン」

イッサンのアナウンスが突然始まり、皆寝ぼけ眼をこする。

うわっ!すごい!!
めっちゃ綺麗な夜景だ。

左側を見ると、山の斜面に沿って、街の灯りがポツポツと灯っている。
オレンジ色の灯りが、シャウエン全体を浮かび上がらせ、とても幻想的だ。

すぐにシャウエンの夜景が見えなくなり、窓の外の景色が街っぽくなってきた。
自分たちのバスが、シャウエンに入ったのだ。

バスは街に入りすぐに駐車場へ。
どうやらここからは徒歩で、夕食のレストランまで異動らしい。

バスの外に出ると、空気は少し肌寒い。
標高が高いんだろうな。

「それでは皆さん、これからレストラン行きますよー」
イッサンの先導で、シャウエンの上り坂を、スーツケースを押しながら登る。

20kg近いものを押しながら登るの、かなりキツイ。
油断していると、荷物が下に転がっていってしまいそうだ。

そして、街の中はとても活気に溢れている。
道路は細く、それほど大きな街ではないものの、人でごった返している。

もう21時にこの人だかり。
マジで?!明日は土曜だけれど、流石に人が多すぎないか?
この団体で進んでいくのは、結構難しいレベルの人混み。

バスを降りてから、20分くらい坂を登っている。
ボクのスーツケースは、成田でローラーが1つ壊れてしまったので、押していくのが少しツライ。
レストランはまだかぁ。。

と、イッサンが途中で立ち止まる。
そして、誰かと電話で話をし出した。

やな予感だ。

シャウエンは、山の麓の斜面にへばりつくように作られている。
そして道が複雑で、所々入り組んでいて、方向感覚を正常に保つのが難しい。
何も考えないで歩いていたボクは、すでに方向がよく分からなくなってきている。

「すいませーん。道間違えました」
やっぱりぃ。めっちゃ登ってきて腕の筋肉も疲れているし、暑くて少し汗をかいている。

はぁ、今登った道を引き返すのか。
皆ブーブー文句を立てる。そりゃそうだ。

そして、少し降りたところでタクシーゲット。
全員で12人なので、合計4大必要だ。とりあえず捕まえることのできた2台に6人入ってもらい、先に送る。

ボクら残り組みは、少し歩いてタクシープールのような場所へ。
そこで6人一気に乗れるミニバンタクシーに乗り、目的地へ向かう。

うーん、さっき歩きで通った道を戻っている気が。
10分ほど乗っていただろうか。

ちょっとした広場のような所に到着。
あ、先にタクシーで出発した皆がいる!

ようやく到着かな。
「皆さーん、こちらでーす」
凸凹の石畳が、スーツケースを押す腕にキツイ。

しかし、本当に人が多い。
それほど大きくないこの街に、一体どれだけの人がいるのか。
老いも若きも、皆何をするでもなく道を歩いている。

一つ特徴的なのは、女性の姿をあまり見ないことだ。
イスラムの戒律なのか、女性は公の場にあまり姿を晒さないらしい。

広場を抜けて、人が2人すれ違えるくらい細い路地へ。
いいねぇ。めっちゃ地元感満載だ。

そして、さらに脇の小道に入ると、カラフルなランタンが灯る、雰囲気のいい道に入る。

すごい綺麗だ。
なんか、一気に疲れが吹き飛ぶ。

そして階段を少し降り、現れる小さい扉と地下に入るような階段。
どうやらここがレストランみたいだ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP