Travel Diary

モロッコ 古代ローマ時代の世界遺産・ヴォルビリス遺跡

周りの風景が、だんだん変わってきたな。
平坦な道が少なくなり、丘の様なものが目に付くようになる。

「この辺りに生えいている木は、全部オリーブです」
イッサンが教えてくれる。

ほぉ、なるほど。
モロッコのオリーブは、国内やヨーロッパの方にも輸出されているらしい。
そして、2000年前くらいのローマ帝国支配時代から、北部の方はオリーブの生産が盛んだそうだ。

段々畑のようになっているオリーブの木々の間を、バスが走る。

あ!遠くに見える。多分ヴォルビリス遺跡だ。
畑の中に開けた場所が突如現れ、崩れかけの柱などが微かに見える。

坂を下っていき、ヴォルビリス遺跡に到着。

あっつ!
雲一つない、めっちゃいい天気なのは嬉しいけど、赤道直下の太陽が刺すように照っている。
サングラスを掛けて外に出る。

大型のバスが1台、そして小さめのバスやバイクが駐車場に見える。
訪れているお客さんは、やっぱり欧米人が多い。

遺跡内の入り口を通り過ぎ、石の階段を降りていく。
右に曲がると、最初に現れたのは崩れた柱の一部だ。

1776年のリスボン大地震の際に、遺跡がかなり破壊されてしまったとは、アッサンの説明。
その説明を受けながら奥へと進み、資料館のような施設の中へ。

柱の一部や遺跡内で発掘された、ローマ帝国時代の農機具などが展示されている。
「みんなー、ここは巻きで行こうと思うけど、よい?」

伊佐さんが、皆に聞く。
ボクとしては、取材を念入りにしたいところだけど、砂漠のサンセットの時間がある。
やむなしで早足で行った方がいいだろう。

その旨を伝えた所、アッサンはめっちゃ説明したそうな顔。
ごめんよ、皆この資料館よりも先に行きたいみたいだ。

資料館を出て、いよいよ遺跡に接近する。
近くで見るほど、美しい。
柱の感じが、ギリシャのパルテノン神殿に似ている。

遠目から遺跡全体を撮影。
そして、少し進むと現れたのは、当時の邸宅跡の床。
この床はモザイク画のタイルになっており、当時の面影がしっかりと残っている。

当時、ヴォルビリス遺跡には最大で2万人ほどの、ローマ兵などが住んでいたらしい。
この周辺には、家がたくさんあり、大衆浴場もあったそうだ。

そして、さらに奥へと向かう。

ここが、この遺跡の中心か。
神殿の跡というのが、はっきりと分かる。

崩れかけたいくつもの柱と壁。
ここまで来て、ようやく皆の撮影魂が盛り上がってきた。
皆で写真を撮りまくり。

この雰囲気が伝わるいい写真が撮れる。
プロフ写真なんかに使えそうだ。

「みなさーん、そろそろ行きますよー」
かなりの時間、撮影に没頭していたっぽい。
時間があっという間に過ぎていた。

「あ、みんな!最後にここで集合写真撮ろう!」
伊佐さんの提案で、台座に登り集合写真を撮る。

めっちゃ逆行だけど、太陽をバックにすることで、シルエットが格好いい!
この写真好きだなぁ~。

皆の並び、ポージングが絶妙だ。

本当はもっと撮っていたかったけど、後ろ髪を引かれつつ遺跡をあとに。
写真は撮れたけど、結局、それを補足する様なヴォルビリス遺跡の情報は、ほとんど手に入れられなかった。
これ雑誌の記事書けるかなぁ??不安だ。

そんな不安を抱えながら、バスはどんどん遺跡から離れていく。。。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP