Travel Diary

モロッコ 恐怖、トイレの悲劇!大事な場所をおばさんに見られてしまった…

さてと。そろそろお昼時。
だけど、周辺にはお店っぽいものがない。

あれ?
バスがUターンしている。道を間違えたのかな?

アッサンがどこかに電話し、道を聞いているようだ。
バスは少し戻り、丘の下へ行く分かれ道に入って行く。

と、この道も違う様だ。
丘を下りた所でUターンし、坂を上り元来た道に戻る。

「すいませーん。道間違えました」

イッサンがわざわざ誤ってくれる。
確かに若干時間ロスしたけど、まあ、そんなに気にしてないよ。

バスが10分ほど進むと、街が見えてくる。
シャウエンといい、この辺りの街は崖の上の急な場所に造られている。
少し行けば、平地の住みやすい場所があるにも関わらずだ。

この造りから感じるのは、度重なる侵略に対する守りを、非常に意識しているということだ。
険しい土地であれば、責められにくく守りやすい。
ローマとアラブ、それぞれの文化に常に攻撃を受けてきた歴史を感じるよ。

っと、バスが急に停まる。
「さ、皆さん。お昼ご飯です」

朝ご飯はそれ程多くなかったので、お腹が減った。
今日のお昼ご飯は、ちょっとは違うものが出てくるだろうか。

食堂は地下の方らしい。
というか、高い場所に建っているので、地下っぽく感じる。

そして外観からは想像できないくらいの、大きな食堂。
大人数が座れるテーブルが何十個とある。

それでも全員では座れないので、2テーブルに分かれて着席。
いつも通り、最初はドリンクのオーダー。

遺跡を歩いて暑いし、ボクはスプライトで。
と、テーブルに次々と食事が運ばれてくる。
モロッカンパンは、やっぱり変わらないのね。。。

その次に運ばれてきたのは、タジン鍋と三角チョコパイみたいなもの。

お。何かこのお店のタジン鍋は、豪快だ。
めちゃくちゃ大きい鶏肉とじゃがいもが、たくさん入っている。
皆で分けて取ったけど、量が多くて余っている。

あと、この三角チョコパイみたいなやつ、なに?

「誰かこのパイみたいなやつ食べた〜??」
隣のテーブルから、みーが聞いてくる。

これから食べようと思ってた!
それじゃ、いただきます。

あれ?
予想に反して、甘くない!!
中身はなんだろ?魚?お肉??

ボクは魚かと思ったのだが、他の人はお肉だと言う。
うーん、どっちでもいいが、結構美味しい♪

最後のデザートは、フルーツの盛り合わせ。
リンゴとメロンだ。

うん、果物は安定して美味しい。
ご馳走様。

と、出発する前に、トイレに行っておこう。
階段を下り、トイレへ。

個室のドアを閉め、鍵を掛けたが、、、うーん、汚い。
別の個室にしようかな。カギを捻ろうとするが、

あれ?
ウソ?ホント??

開かない・・・

何度もの何度もカギを捻るが、固くて全然回らない。
ヤバい。完全に閉じ込められた。

ふぅーー。一旦落ち着こう。
とりあえず用をたすか。

一旦諦めて、ズボンをおろしおしっこをする。

ガチャガチャ。
え?外から開けようとしてくれている?!

今はマズイって!

ガチャ。。。
「Oh!!!」

Oh!!
めっちゃ恥ずかしい。

ドアを外から開けてくれたのはありがたいが、ちょうど用をたしているところ!
しかも開けてくれたのは、女性だ。

タイミング最悪だったね。

トイレから出ると、上にのぼる階段付近に、カギを開けてくれた女性が。
なるほど、このトイレはチップが必要なトイレか。
多分ボクが階段を降りた時にはいなかったよな。

助けてくれたお礼に、20MDHほど女性に渡そうとするも、首を振って遠慮される。
いやいや、助けてくれたので、どうぞ。

ようやく受け取ってくれた。
はぁー、しかし、恥ずかしい体験をした。

食堂に戻ると、皆出る準備を始めている。
よし、それじゃ、またバスへと行きますか!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP