Travel Diary

クアラルンプール ペトロナスツインタワー452mからの絶景

スカイブリッジの次に着いたのは、452m88階の展望台だ。
タワーのメインスポットだね。

うわっ。
すごっ!

高過ぎて、もはや高所の怖さが全然ない。
下に見えるビルも相当な高さだと思うけど、もはやミニチュアな感じで見えてしまう。

壁は大部分がガラス張りになっていて、360°色々な景色を見ることができる。
隣のタワーの先端部分が見えるのには、驚きだ。

そして嬉しいことに、望遠鏡が備え付けてあって、近くのタワーの細部や遠くの山の頂上にあるアンテナなど、色々観察できる。本当に面白いな。
軽い高所恐怖症のボクでも、突き抜け過ぎていて楽しめる♪

ここでは20分ほどの時間が与えられている。
楽しみ過ぎていると、時間があっという間だ。

展望室の中には、タワー周辺を再現したジオラマなんかもあったりして、興味深い。

もっと色々見てみたい、と思ってうろうろしていたら、突然声を掛けられた。
「Please, get down」
と言っていたのかな。

最初、なんて言っていたのかよく理解できなかったけど、どうやらボクらの時間帯の人は、降りる時間らしい。

再びエレベーターへ向かい、下の階へ降りる。
降ろされたのはお土産フロアだ。
ここら辺しっかりしてるよね。

美術館とか観光スポットの定番。
観光し終わった後に、お土産スペースをドーンと設けている。

一通りみたけど、ツインタワーのポストカードやキーホルダー。あとは模型とか、あまり興味を惹かれるものがなかったので、またエレベーターで一番下まで直行だ。

ふぅ、やっぱり高い場所はちょっと緊張する。
下に到着した途端、一気に疲れがくるや。

クロークでバッグを受け取り、再びスリアKLCCへ。

んー、どうするか。
そういえば、まだ公園側から写真を撮っていなかったので、そっちに行ってみよう。
夜景を撮る下調べにもなるしね。

外に出ると、さっきの噴水とは規模が全く異なる、大きな噴水が。
手前側には、水を高く吹き上げる噴水があり、奥には緑豊かな公園が広がっている。

少し奥の方まで行って、ツインタワーの方を振り返る。
うん、ここら辺が夜景の撮影スポットに良さそうだ。

だいたい目星もつけた。
あとは、もう少しモール内を見てみよう。地下のスーパーにまだ行っていなかったので、さらっと見てみるか。

生鮮食品の他に、ドリンクやお菓子類、パンなどの惣菜までなんでも揃ってるな。
しかも生鮮食品も新鮮でおいしそう。声はいいお店だ。

あと意外だったのが、スーパーの近くにある「Garret」。
原宿でも未だに人気、なのかな?のポップコーン屋さんだ。

他にもGodivaのカフェはいろんなモールにあるし、KLは本当に発展している。
急激に発展した他の都市と同じように、ちょっと都心を離れるとすぐにあまり綺麗でない場所はあるが、栄えている所は日本と変わらないくらい栄えているんだよな。

一通り見たし、そろそろホテルに向かおうかな。
お土産に良さそうなものが売っていたら買おうと思っていたけど、残念。お眼鏡にかなうものはなかった。

モノレールに乗り、KLCCからKLセントラルへ。
15分ほどの乗車で1.7リンギット。50円くらいか。めっちゃ安いじゃん。

KLセントラルに戻ってきた。
さっきちらっと寄ったヒルトンホテルへGO。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP