Travel Diary

モロッコ 人生で一番美しい!シャウエンのサンセット

伊佐さんと別れ、ジュラバ(ボクが買ったのは正確にはガンドーラと言うらしい)の入った袋を片手に、さらに上っていく。

どこに何があるのか分からないけど、とにかく上へ上へ。
だいぶ上って来たからか、この辺には観光客がほとんどいない。
すれ違うのは、地元の人ばかりだ。

しかし、道が複雑すぎて、よく行き止まりにぶち当たる。
その先で、地元の人に会うと、何か気まずいよね。
ボクが不法侵入しているみたいだ。

だいぶ上ってきたが、これといったスポットがない。
ただ家々の壁が青いだけだ。

収穫はあまりないな。
ホテルに戻ろう。

元来た道を、憶えている限り辿って行くが、いつの間にか全然知らない道に入っている。
曲がる方向を間違えたかな。

戻るべき方向は何となく分かるし、このまま行ってみよう。
知らない土地で、一人。
ちょっと心許ないけど、探検気分で面白いな。

街を下りていくと、だんだんと観光客の姿が増えてくる。
この辺りは見た景色だ。

あとは勝手知ったるシャフシャウエンの街。ホテルまで労せずに戻る。
ふぅ。かなり歩いたぞ。

距離もあったし、アップダウンがきつかったから、足が若干だるい。
まあ、女峰山の登山に比べたら、なんてことないけど。

サンセットへの出発まで、まだ1時間近くある。
少し屋上テラスに出て、撮影。

あとは集合時間まで、シャワーを浴びてすっきりしよう。

朝と同じく、中々お湯のでないシャワーに苦戦。
思ったよりも時間が掛かってしまった。

可能な限りタオルで頭を乾かして、あとは自然乾燥!

18時少し前。
皆がホテルのロビーに集合する。
ここまで成田空港集合以外、全然時間通りにいかなかったメンツだけど、さすがにこれは時間通りに集まったか。

「それじゃ、行きましょー」
伊佐さんの合図で、動き出す。

目指すはスパニッシュモスク、と呼ばれるモスクらしい。

ハマム広場を通り過ぎ、さらに先へ、街の東側の方へと進んで行く。
場所がはっきりとは分からないのだが、ホテルの可愛いお姉さんによると、歩いて2,30分は掛かるらしい。

15分くらい歩いただろうか。
少し開けた場所に到達する。と、はるか右手に、目的地っぽいモスクの塔が見える。

「えー、アレ?遠くない?しかも、めっちゃ登る」

一見遠くに見えるが、歩いて15分くらいは掛かりそうだな。
登り道には、同じくサンセット目的の人たちが、ぽつぽつと先を歩いている。

道はほとんど未舗装。砂利と土で歩きにくい。
女子にはきついかもな。

道中素晴らしい景色が見える中、15分ほど登ったか。
ようやくサンセットのポイントに到着!

すでに多くの観光客が、街とサンセットが良く見える場所を確保している。
中には三脚を立てて撮影している人も。タイムラプスでも撮っているのだろうか。

現在時刻は、18:40。
ホテルから50分近く掛けて、サンセットポイントに到着だ。

日が沈む方角に山がある。
たしか、日の入りの予定は19時前だと思うけど、その山の裏にもう隠れそうだ。

人が多い。
よく撮影できるポイントを探さないと。

山の斜面とモスクの敷地を隔てる壁に、座る人。
その壁の向こう側を覗くと、下になんとか立てるスペースを発見!

大回りして壁の向こう側に回る。
何人かの人が既に陣取っているので、その横に一人座る。

あぁ、ここいいなあ。
山の稜線に、オレンジ色の眩い光を放つ夕日が、少しずつ隠れていく。

時間にして数分かな。
あっという間に、太陽が落ちてしまった。

空はまだ幾分明るいけど、眼下に見えるシャフシャウエンの街が、徐々に徐々に陰に覆われていく。

これ、ずっと見ていられる。
何よりも、こんなに空が晴れているのが素晴らしい。
シャフシャウエンは、快晴率はそれほど高くないらしいのだけど、めちゃくちゃ運がいい。

皆の普段の行いがいいのかな。

一人で十分サンセットを堪能した。
皆のもとに戻るかな。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP