Travel Diary

モロッコ 束の間の涼 イフレン本格ジェラート・・・と羊の群れ!?

女子トイレはもの凄い渋滞だ。時間が掛かりそうだね。

トイレに入る前に、2MDHのチップを渡す。
モロッコでは、トイレに入る時にチップを渡すのが通例のようだ。

そして、トイレを貸してくれたレストランで何か買ってあげないと。
このレストランは、かなりスイーツを取り揃えている。
しかも、ショーケースを見た感じ、どれも美味しそうだ。

このあたりは元、フランス領の名残なのだろうか。

ボクは何にしよう。
ジェラートやケーキなど、いろいろ目移りしてしまう。

今の気分は、ピスタチオのジェラートかな。
これお願いします。

18MDH、日本円にすると360円ほどか。
そんなに安くはないね。観光地値段っぽい。

他のメンバーたちも、それぞれスイーツを買っている。
ほとんどがジェラートだ。
ピスタチオの他に、チョコレートやレモンのフレーバーを頼んでいる人も。

これ食べる?
「いるいるー。じゃあ、私のもあげるよ」

ふっふっふ。
こちらからあげて、結局向こうのジェラートを頂く作戦、成功。

チョコレートのジェラートうまっ!
かなり濃厚で、ビターな苦さとミルクの甘さがちょうどいい。

すると、「なあなあ、チョコレートケーキ食べてくれへん?」

え?いいの?
ありがとー、食べる食べる!

いただきます。
うん、美味しい!。
こうれはかなり濃厚というか、人によっては甘すぎな感じだよね。

「そう、めっちゃ甘いんよ。食べられへんわ~」

そうかそうか。
なら、ボクがいくらか食べてあげよう。
あと、こっちのピスタチオジェラートどうぞ。

皆とテーブルについて、ワイワイ食べる。
なんか青春って感じで、いい。

「みなさーん。それでは、そろそろ行きますよー」
イッサンが号令をかける。

そうだね。ぼちぼち行かないと、フェズに着くのが遅くなりそうだ。
というか、もうすでに1時間くらい押してるんじゃないか。。。

爽やかなイフレンの街に別れを告げ、バスで再び走り出す。
途中の山道で、少し気分が悪くなった人もいたようで、不安な人は酔い止めを飲んでいる。

ボクは酔いは全然大丈夫そうだな。

バスは高原を走る。
イフレンの周辺には、冬はスキー場になるところもあるそうだ。

まさに、遠くの丘はそんな感じ。

お!
窓の外!羊がめっちゃいる!!

ありがたいことに、イッサンがバスを停めてくれる。
皆で降りて撮影会だ。

道の脇の牧草地帯で、羊が普通に放たれている。
のんびり草を食みながら、後ろを羊飼いと牧羊犬が追う形だ。

生の放牧をはじめて見たよ。
中々長閑な風景。

10分ほど、撮影をしたのち、またバスが走り出す。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP