Travel Diary

モロッコ 人生初の砂漠!バギーで暴走

前方に街が見えてくる。
Googlemapsで見ると、この辺りはメルズーガという街らしい。
舗装された道の脇の歩道は、土がむき出しだ。
車が通るたびに、土煙が舞い上がる。

バスが一旦停止して、イッサンが街の中のバギー屋さんっぽい場所に立ち寄る。

ん?え?なにコレ??
道が水没してるんだけど!

砂漠に似つかわしくない光景に出くわす。

これどうしたんだろ?
雨でも降ったのだろうか。。。

「何日か前に、この辺雨が降ったみたいですねー」
イッサンが知らせてくれる。

こんな乾いた大地なのに、道が水没するくらいの雨が降るのか。
逆に、ほとんど降らないから、水はけが悪くて貯まるのかな。

大きな水溜まりを抜けた後は、再び乾いた大地が続く。

と、バスの前を走っていた車が、急に道を外れ、そのまま左の砂漠の方へ走って行く。
後ろを走る車も同様だ。

土煙を上げて、どんどん彼方へと消えていく。
ボクらのバスも、ある程度走ったところで幹線道路から外れる。
砂漠地帯がみるみる近くなってくる。

意外に砂漠に近い場所を走っていたんだな。

そして、砂漠の始まりとなる場所でバスがストップ。
さすがにこれ以上は行けないので、別の車に乗換えだ。

ヤバい、ここから砂漠ということは、ガンドーラに着替えないと。
バスの中で、シャフシャウエンで買ったガンドーラに着替える。

うん、いい感じだ。
生地は少し厚めだけど、それほど暑くない。
風がいい感じで入ってくるからかな。

っと、
日がかなり傾いていて、今にも夕日が沈んでしまいそうだ。

外には4WDのバギーが3台停まっているので、分かれて乗り込む。
運転手は、モヒカンチックでちょっとイケイケなお兄さん。

バギーが全力発進する。
おほぉ!

車の中が蒸しているので、お兄さんが窓を開けてくれる。
勢いのいい風が、顔面に吹き付けるけど、めっちゃ気持ちイイ。

バギーはすぐに砂漠地帯へ。
赤茶けた砂が、車の外に舞い始める。

そして、お兄さんがすぐさま窓を閉めてくれる。
ありがとさん。

フゥー!
ノリノリなお兄さん。

ハンドルも右へ左へと急に切り、アトラクションの様な感じになっている。
前後左右に揺れて、けっこう楽しい♪

これは動画で撮っておかないと!
窓の外の風景を映す感じで、iphoneを回す。

時々、隣の運転手さんも撮ってあげよ。

外を見ると、他のバギーも並ぶように走っている。
向こうも車内でめっちゃ盛り上がってるんだろうな。

と、前方にまた別のバギーが停車している。
ボクらの乗っている車も速度を落とし、そこに近づいていく。
どうやらアトラクションの時間は終わりみたいだ。

運転手さん、ありがとう。楽しかったよ♪

うおぉぉ。
めっちゃすごい光景。

バギーを降りると、砂漠の真ん中に立っていることに気づく。
なんだろう、この景色。
赤茶色の砂丘が延々と続いていて、他には何もない。

あとは、夕暮れにオレンジに染まっていく空があるだけだ。
こんな景色初めて見たよ。

感動に浸っていると、後続のバギーも到着。
皆興奮した感じで、降りてくる。

にしても、この砂漠に転がっている、黒くて丸っぽいもの。
これって多分フンだよね。
匂いこそしないけど、大量にあちこち転がっているので踏まない様に気を付けないと。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP