Travel Diary

シンガポール シンガポールは夜が本番! マリーナ地区を遊び倒そう

シンガポールリバー沿いに歩いていると、川に沿った通りにバーやレストランがひしめいているのに気づく。

人通りも多く、サラリーマンと思しき人、観光客関係なく賑わっている。

川からの風が涼しく、夕方や夜はテラスでのお酒が進むね。
ロケーションが最高だから、ボクが飲んべえだったら絶対一杯引っ掛けていったな。

さらに東に進んでいくと、ラッフルズ・プレイスに行き当たった。
なるほど、この辺は金融街なのか。
銀行やホテルがたくさんある。

さっきの飲み屋街はハナ金のサラリーマンが多かったのか。

お、このホテルすごいな。。

ザ・フラトンホテル シンガポール」は昔からあった郵便局を改装したものらしい。
格式高さと重厚な造りが、歴史を物語っている。

こんな建物めったにお目に掛かれないよな。

そして目の前の通りを渡ると、、あった!!
マーライオンだ。

小学生くらいの頃から写真で見たことはあったけど、実際に目にする時がくるなんて。

と言いつつ、それほどの感動はないのだけど。

さすが世界三大がっかり世界遺産の一つだ。
思ったよりも小さいな。
マーライオンがよく見える桟橋は人でごった返している。

主に中国人かな。
皆口を開けて定番のトリック写真を撮っている。

しばらくすると、音楽が鳴り出し、マーライオンがライトアップしだした。

19:30。

夜はこんな演出してくれるんだね。

マーライオンが青くなったり、魚の映像が映し出されたり、ライトアップではなくてプロジェクションマッピングだね、コレ。

15分ほど見ていたけど、まだ終わる様子はない。

そろそろ移動しようか。
エスプラネードに向けて、橋を渡っていく。

エスプラネードの方も多くの人がいて、ちょっとした祭りの様だ♪

一人だけど、雰囲気が良くて自然と楽しくなってくる。
シンガポールは夜のイベントが多いし、遊べる場所も沢山ある。

昼間は蒸し暑いけど、夜は海風も相まってかなり涼しくて過ごしやすく皆昼間の分も楽しんでいるのだろうか。

この時間を待っていたかのように人が溢れ出し、皆思い思いの楽しい時間を過ごすのだろう。

シンガポールは夜が本番かもしれないね。

エスプラネードを通り過ぎ、マリーナ地区を回るように歩いていく。
このまま向かう先はマリーナベイサンズだ。

昨日から何回ここに来ているんだろ。

マリーナベイサンズに泊まっていたら、だいぶ楽だろうな。
夜遅くまで遊んでも、歩いてすぐ宿に行ける。

けど、ボクが今回泊まっているクラーク・キーもかなり当たりだな。
マリーナ地区から乗り換え一回、15分くらいでホテルに着く。
土地勘よく分からずに予約したけど、良かった。

ふぅホテルに到着。
1日中歩き通して、足がかなり痛んでいる。

また汗を流して、ゆっくり休むか。

明日はシンガポール国立博物館とオーチャード観光がマストだ。
そしてホテルはチェックアウトするので、帰りの準備も整えておかないと。

それじゃお休みぃzzz

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP