Travel Diary

カンボジア・シェムリアップ カンボジア料理店で大皿料理メインの昼食

クッキー屋さんに到着。
お土産で有名なアンコールクッキーだ。

まあツアーにありがちな提携しているお土産やさんだね。

中では冷たいジャスミンティーを振舞ってくれる。
んーー、冷たくて美味しい。
濃さもちょうどで、ゴクゴク飲めてしまう。

ボクはクッキーの詰め合わせとジャスミンティーを買う。

出発時間までもう少し時間がある。
併設されているカフェで冷たい飲み物でも頼もう。

パイナップルスムージー、コレいいね。
2.5$。安いなぁ。

そして出発の時間。
車で5分くらいで、昼食のレストランに到着。
カンボジア料理店っぽい感じだ。

席に着いて飲み物だけ別注文。
あとはツアー代金に込みなので、勝手に食べ物が運ばれてくる感じだ。

ボクはマンゴージュースで。
一緒に参加されているご夫婦は、アンコールビールで乾杯。
若い女性2人はレモンジュースやパッションフルーツのジュースで乾杯だ。

いやー、美味しい。
ご夫婦、野本さんという方はお子さんらも家を出て行って手が離れた様なので、近年2人でよく旅に行かれているそうだ。
お父さんの方はさっきのカフェで飲みた方らしいのだが、このお昼ご飯のビールをより美味しく飲むために我慢していたらしい(笑)

女性2人は高校からの友達みたい。
出会って10年だそうだ。
一人は海外に結構行っているみたいだけど、もう一人は初海外。
初海外がカンボジアとはけっこうディープだなぁ。

そして、ウェイトレスさんが最初にお米をそれぞれのお皿に盛ってくれて、その次に大皿でお料理が次々と運ばれてくる。
出てくる料理は、何というのかよく分からない。日本では見ない料理だ。
空芯菜の炒め物っぽいものから、鶏肉の甘辛煮、トムヤムクンっぽいスープもあり結構盛りだくさんだ。

暑くて食欲わかないなぁ、と思っていたが、意外にパクパクいけてしまう。
皆さんも食べ始めたらけっこう食べたので、出てきたものはほぼ全て平らげてしまった。

最後にフルーツのデザート。
これは嬉しい。

というのも、どの料理も油っぽく、口の中がけっこう気持ち悪い感じだったからね。

ふぅ、少しいっぷくタイム。
それぞれトイレを済ませ、出発だ。

午後はアンコールワットの観光が中心。
ただまだ時間があるので、キャンディーの売っているお店で時間を潰す感じのようだ。

キャンディーのお店に着くがボクは特に興味無いかな。
隣にあるカフェで時間を潰していよう。

カフェに入ってコーヒーを注文。
出てきたコーヒーのお味は、、、甘い!!

ベトナムコーヒーみたいだ。
そして氷がめちゃくちゃ多い。これもベトナムコーヒーみたいだね。

やはり暑いところは激甘になるのだろうか。

野本ご夫妻もカフェにいらっしゃった。
コーヒーの他にアイスパフェなんかも注文している。

14:10。
時間だ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP