Travel Diary

モロッコ なんか青春だ ラクダの上で感涙w

はぁ、砂丘めっちゃいい!
この景色は本当に好きになってしまった。

そろそろラクダの方に戻る時間。
後ろ髪を引かれるけど、しょうがない。。。

そうだ、ちょっと試したいことがあるんだった。
富士山に須走っていう箇所がある。砂が積もったその斜面は、下山時には皆落ちる様に走るスポット。
地面が砂でふかふかだからできる、上級芸だ。

それを、この砂丘の斜面でやりたいんだよね。
もし転んでも、砂だから痛くないし。

それじゃ、行くぜ。
おりゃーー。

転がってしまう寸前くらいの勢いで、一気に下って行く。
先に降りていた人たちを、あっという間に抜き去り、一瞬で砂丘の下に到着。

ふぅ、足にけっこう負担が掛かるけど、めっちゃ気持ちよかったー♪
すごい開放された気分。

皆下まで降りてきて、再びラクダに乗る。
またよろしくね、ラクダちゃん。

てか、この子たち、ボクらが砂丘ではしゃいでいる間、ずっとここで待っていたのか。

ラクダの列は、砂丘をゆっくりとさらに下っていく。
やっぱ、この高い目線は一味違う景色だ。

「きゃあぁぁ」
列の後ろから、突然大きな悲鳴が聞こえてくる。

え?どうしたん?
ボクは一番前なので、状況を確認するために後ろを振り返る。
と、4番目のラクダちゃんが、かなり暴れている。

そのラクダに乗っているのは、ひめのようだ。
かなり大きな声なので、ラクダも刺激されて、さらに大きく暴れる。

「落ち着いてください!大きな声出すと、ラクダももっとびっくりしてしまいます」
イッサンが落ち着かせるように優しく注意をしてくれるが、ひめの方はそれどころじゃないみたいだ。

なかなかラクダが落ち着かないので、インストラクターが近寄り、落ち着かせようとする。
少し暴れたが、ようやく静かになった。

とりあえず、ひめが振り落とされないでよかった。
かなり激しく暴れていたから、ホント危なかったよ。

キャラバンは平静を取り戻して、暗くなっていく砂漠の中を進んで行く。

ふと、よく分からない感情が、急に溢れてきた。
うわっ、なんだろうコレ。

胸の内からグッと湧いてきて、頭の方に上ってくる。
すると、その感情は限界を迎え、目から零れ落ちる。

涙だ。

じっくりこの感情を味わってみると、これが幸せなんだと思うことができた。
びっくりだ。

こんな風に感じ切ることなんて、本当にめったにない。
前回こんな感情を味わったのはいつだろう、と思い出せないくらいだ。
この特殊な空間が、ボクに感じ切ることを思い出させてくれた。

この悠久を表した絶景のなかで、ラクダに乗って幸せを感じている。
この瞬間が本当に奇跡みたいだ。
この旅や、旅の仲間に改めて感謝。本当にありがとう。

お、前方に明かりだ。

テントの様なものが、2列になって20個ほど連なっているのが見える。
ボクたちは、どうやらあそこに向かっているらしい。

「はい、到着で~す」
テントの列の前で、ラクダから降りる。
近くで見ると、1つのテント村みたい。こんな光景は見たことがないから、別の世界に迷い込んだかのようだ。

2列のテントの間には絨毯が敷いてあり、中心に焚火。
テント前は、カラフルなランタンによって、薄っすら明かるい。
幻想的な風景でテンションがあがる♪

焚火の前にはテーブルやベンチがあり、このテントに泊まると思われる他のグループの人たちが、静かに過ごしている。

そして、中央の最奥には、ひと際大きなテント。
そのテントの前には、ボクらのスーツケースがすでに運ばれている。

そして、部屋割りだ。
今日は比嘉さんと同じテントで、ボクらのテントは、奥から3番目。

それじゃ、行きましょうか。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP