Travel Diary

モロッコ 一際そびえる砂丘で見るサンセット 感動で涙

半月前に、キツイ登山をしてきたばかりだし、それに比べたらなんという事はない。
このくらいの丘は登れるだろう。

ずんずんと足を前に出す。
下の方はなだらかだけど、次第に傾斜がきつくなってくる。

これは靴なんか履いてたらダメだ。
靴と靴下を脱ぎ、裸足になる。

ふぅ、カメラバッグなど、重い荷物を持っていることもあり、けっこうキツイかも。
中腹を過ぎた所で、息も切れ切れになってくる。

あと少しなんだけど、その少しの距離が遠い。

頂上付近になってくると、一気に傾斜が増す。
登ろうとするのだけど、砂で足が滑って、下にずり落ちて中々上がれない。

ふん!
足を思いっきり砂にめり込ませ、踏ん張りが効くように一歩一歩ゆっくり登る作戦に変更だ。
これはいい感じ。

遅いけど、着実に頂上に近づく。

やっと、頭の高さに頂上が迫る。

よっしゃー!
登頂!

すごい景色だ。めちゃくちゃ気持ちイイ。
今立っている所は、この辺りで一番高い砂丘だ。ホント登ってきた甲斐があったなぁ。

皆はまだ下の方だ。
最初にひろしがやってくる。

続いてみーと伊佐さん。
最後の1mは傾斜が厳しいので、手を引っ張ってあげる。

「そんなトコに立ってないで、皆死のうや」
どゆこと?

すると、みーが砂の上に、両手を広げていきなり寝転ぶ。
「うわぁ、めっちゃ気持ちいい!」
死ぬってそういうことか。

ボクも真似して寝転がってみる。
ホントだ!すごい気持ちいい。砂がひんやりしているのと、包み込まれる感じがする。
はぁ、幸せ。

その後はきっちゃん、まりの。
そしてひーさん、ぷかが順番でやってくる。

あともう一息!がんばれ~。

やったぁ!
みな、無事に登頂。この景色は登ってきただけのことはあるよね。

周りを見渡すと、ボクらとは違うグループが下の方の砂丘で、同じようにサンセットを眺めている。
そして、ちょっと気になったのは、この砂丘にいた先客の方。

欧米の男性が、音楽を聴きながら一人佇んでいる。

邪魔してしまって、すいません。
ボクらやかましいよな。。。

それぞれが、目の前に広がる絶景を、暫く堪能している。
いつのまにか、ポツポツ降っていた雨もあがっていた。

ボクもこの絶景を感じつつ、シャッターを切りまくる。
そして、夕日が地平線に完全に沈んでいってしまった。

あぁ。。なんか悲しい。
ちょっと切ない気分になる。

そんな気分を振り払うように、今度は撮影会が始まる。
砂漠の雄大な景色をバックに、プロフの写真になりそうな素材を皆で撮る。

確かに、こんなバックの写真はレアだよね。
ボクも伊佐さんに撮ってもらい、満足だ。

「そしたら、次にみんなで並んで撮ろう」
皆この時のために、ジュラバを色違いで揃えたんだ。

砂丘の頂上の淵に、みんなで並んで腰かける。
それを伊佐さんが斜めの角度からパシャリ。

段々になっているので、みなの表情がばっちり写ってるね。
この写真、めっちゃいい!

「伊佐さんも一緒に入ろうよ!」
さて、誰が撮るか。。。

「Excuse me…」

どうやら、ターゲットはボクらより先客の、おひとり様の欧米男性になったようだ。

けど、男性は思ったよりもフレンドリーだ。
笑顔でいいよー、とカメラを受け取り、写真を撮ってくれる。

本当にありがたい。
写真を撮ってもらってほどなくして、男性は下に降りて行ってしまった。

お、あれはお月さまじゃないか?
太陽が沈んだ方角の真反対。その地平線から満月が上がってくる。

すご、大きい。
低い位置にある月は、頭上にある月よりも大きく見える。
すごい迫力だ。
けれど、写真だとめっちゃ小さくなってしまうのが悔しい!

こういう月を見ると、なぜか興奮する。
血が湧きたつというか。
本当に好きだなぁ。

「そろそろ下に戻ろうか。日も落ちて暗くなってきたし」

確かに、日が落ちて一気に暗くなってきた。
ラクダの方へ戻った方がよさそうだね。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP