Travel Diary

日本・長野 乗鞍の御来光と上高地の清流 大自然を歩く②

新島々バスターミナルから、乗鞍岳への乗り換えの停留所まではバスで50分ほど。
新島々を出発して10分ほど経つと、周りの景色が段々変わってきた。

山、、、、というよりは渓谷かな。
深い谷の両側に、急峻な崖がそびえている。

夏真っ盛りだから、その山々の緑がとても美しいなぁ。
そして谷の底には川が流れているんだけど、20分ほどの道のりの間に、ダムが3つ見えた。

これだけの川だと、水量の調節も重要なんだろう。

3つ目のダムを過ぎると、ほどなく分岐点に到着。
真っ直ぐ行けば上高地。
左に折れると乗鞍方面だ。

ボクは乗鞍方面行きのバスに乗っているので、当然左。

ふう、ようやく乗り換えの停留所、観光センター前に着いた!
乗鞍岳はマイカー規制をしているので、ここで必ず乗り換えなければならないので要注意だ。

この停留所には名前の通り観光センターがあり、乗鞍の観光紹介を行っている。
他にも道を挟んで向かい側に、大きめのお土産やさんもあってターミナルの様になっている。

乗り継ぎの待ち時間を利用して準備しよう。
明日は御来光を見に行くから、まずは軽めの朝ご飯を買うか。

んー、お土産屋さんだからかな、食べ物系はほとんどないかな。
お土産用のお菓子の他には、菓子パンが数種類置いてあるだけだ。

しょうがない、イチゴのジャムパンを買うか。
あとは、登山のための水分っと。

お、友人から連絡だ。
今松本を出たみたいだ。

すぐの合流はムリそうだから、合流できるまで自由にしてていいよ、ということみたい。
それでは申し訳ないけど、乗鞍山頂に一足先に行かせてもらいますか!

よし、乗鞍山頂(畳平)行きのバスがそろそろ出る。
バスの乗客は、自分含めて7人ほどか。

このバスに乗ると、山頂ではほとんど何もできずに、下山最終バスが出ちゃうから、まあ少ないのだろう。

観光センターから50分かけて畳平まで向かう。

観光センター前ですでに標高が1700m。
畳平は、なんと2700mだ。

バスで行ける日本で一番高い場所なんだって。

バスは進んでいき、高度がぐんぐん上がり景色も変わってくる。
次々と変わる景色に、山頂付近はどんな風景が見られるのかとても楽しみだ♪

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP