Travel Diary

クアラルンプール イスラム教国ならではのヒルトンの朝食

おはよ。
今日はもう日本に帰る日だ。やはり1泊だと少し物足りない。
1日だけだと詰め込みすぎで疲れる。やっぱり、ゆっくり時間をとって、ゆるーく回る方がいいね。
弾丸はちょっと控え目にしたいところだ。

目覚めはかなり良好。
疲れていたからぐっすり眠れたみたいだ。
さっとシャワーを浴びて、準備をする。

外を見てみると、雨が降っている。

マジかぁ。今日は観光なしで空港に行くだけなのに、ちょっとテンションが下がる。
ご飯行くか。

今回は朝食付きのプラン。
ヒルトンの1階へ。

レセプションの真ん前のレストランに到着すると、スタッフが案内してくれる。
「1人ですか?」
はい、1人です。

1人とか2人用の席に案内される。
レストランはとても綺麗だ。さすがヒルトン。
さてと、ブッフェ形式なのでご飯を取りに行きますか。

レストラン内は、いくつかのブースに分かれている。
マレーシアは多民族国家だ。そしてイスラム教徒が多い国でもある。
そのため、豚肉を食べることができないなど、食べ物にも制限が数多くあるんだ。

 

なのでこのレストランでは、「マレーシア料理」「インドネシア料理」「中華」「その他」などでブースが分かれている。
ボクはなんでも食べられるので、こういう形態のレストランは嬉しい。

 

それじゃ、いただきます♪
よそったご飯は、ちょっと欧米よりかな。
うん、やはりシェフにその場で作ってもらったオムレツは美味しい!

インドネシア料理もいい感じだ。

ごちそうさま。
するとタイミングを見計らっていたのだろうか。
ウェイターの方が食後の飲み物を勧めてきてくれた。

トレーの上には、テタレというマレーシアのミルクティー。
高いところから注いで、泡を作るのが特徴だ。

味は、、、あまっ。ベトナムとかカンボジアとか、東南アジア特有の甘さだ。
ボクは甘党だから好きだけど、甘いの苦手な人はキツイかもね。

ふぅ、雰囲気のいい店内を眺めながら、ゆっくりお茶をする。
すごい豊かな時間だ。

そろそろ部屋に戻るかな。

エレベーターで部屋の階で降りる。
お、雨が止んでる!さすが晴れ男。今日もいい1日になりそうだ。

帰り支度の方はすぐに終わった。
まあカメラバッグ一つで来たから、シャツや下着を詰めるだけだしね。
あっという間だ。

フライトは14:20。
まだまだ時間がある。
んー、迷う。このまま早く空港に行って、ラウンジを満喫するか、昨日行けなかった博物館に行くか。

気分的には完全にラウンジ。
空港ではお土産も見てみたいので、早めに行きたいところでもある。
空港に行こうかな。

チェックアウトを済ます。
担当してくれたスタッフの方は日本人の方だ。
珍しい。
日本人の方だと、チェックアウトもスムーズ。

駅でKLエクスプレスのチケットを購入。
エクスプレスだと、やっぱり55リンギットなのか。
トランジットの方が時間はかかるけど、途中駅で下車するだけで断然お得だね。

車内はエクスプレスの方が断然綺麗だ。
座席や窓など、ちょっとしたところがまだ新し目。

電車が進み出す。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP