Travel Diary

日本・長野 乗鞍の御来光と上高地の清流 大自然を歩く⑤

ぬぅ、遠くから目覚ましの音が聞こえて来る。
3時間くらい寝たかな。眠い。。。

今は朝の3時。
ご来光を見るためのバスが、観光センター前から3:30に出発するので早起きだ。

急いで準備してバス停に向かわないと。
「さ、行きましょうか。。」

眠い目をこすりながら向かい、バス停には10分前くらいに到着。
バスが3台並んでいて、3台目に案内されて乗る。
みんなかなり早くに来ているんだな。

1台あたり50人くらい乗車可能だから、ざっと150人くらいか。
昨日と同じ道を、また50分ほどかけて山頂の畳平へ登っていく。

。。。
。。。。。。
。。。。。。。。。

頂上に近づいてくると、空がだんだん白んできた。
遠くの雲がオレンジ色にぼんやり輝いていて、とても幻想的な光景になっている。

と、山頂の数百m手前で一旦停車。
ちょうど岐阜県に入った所だ。

ご来光ポイントは富士見岳という所で、畳平よりもここで降りて向かった方が早いのだそうだ。

そして、やっぱり山頂付近は寒いね。
長袖がオススメだ。

バスを降りてすぐ脇の砂利道を富士見岳山頂へ向かう。
けっこう傾斜がきついな。

左側を見ると太陽がそろそろ出てきそうな雰囲気がする。

15分,20分ほど登っただろうか。
ようやく山頂に着いたぁ。
朝日はまだ出ていないけれど、夜明けを感じさせる光景だけでとても感動するよ。

お!
遠くの山の影から、光り輝く太陽が顔を覗かせ始めた。

すごい眩しい。
それと同時に、暖かさも身体全体に伝わってくる。

気持ちいいなぁ。

ただただ感動で、何を想うでもなく、ずっと目の前に広がる景色を見つめる。
どのくらいそうしていたか分からないけど、意識が現実に戻ってきた。

あ、そう言えばここ富士見岳だ。
富士山を探そう。

遠くに南アルプルなのかな?
連峰が見えるけど、富士山の様な姿は見えない。

特徴的な形だからすぐ見つかると思ったけど。

と、後ろから聞こえて来る。
「アレが、富士山だ!肉眼じゃみえないよ。カメラの望遠使ってようやくだわ」

・・・何だって!?
肉眼じゃ見えないのか。

山と山の間に、小指の爪の先くらい見えるそうだけど、
やっぱりよく分からなかった。

残念。

さて、昨日買っておいた朝食のジャムパンをかじりながら友人と作戦を立てる。
ご来光から帰る人用のバスは、5:40発。
友人はこれで帰るそうだ。

けれどボクは山登りもしたいので、その次の7:10発のバスで帰ることにする。
剣ヶ峰まで行って帰ってくる時間はないだろうから、摩利支天岳までは行こうかな。

じゃあまた後で。
宿で会いましょう。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP