Travel Diary

日本・長野 乗鞍の御来光と上高地の清流 大自然を歩く⑦

だいぶ登ってきた。
少し傾斜が緩くなって、楽になったかな。

そして右には五つの池が見える。
五ノ池っていうみたい。

まだ日の出から時間が浅く、山の陰になっている部分が風情あるね。

先を急ごう。
景色をゆっくり眺めている時間がないのも寂しいけど。

ここの先はまた一段と傾斜がキツくなるなぁ。

目の前には蚕玉岳の頂上が見える。
その左奥に、目指す剣ヶ峰も。

あと3分の1くらいの工程だと思うんだけど、間に合うかな。

バスまでの時間は、あと1時間ほど。
けっこう早いペースで登ってきたから、頂上まで行けそうだ。

はぁ、はぁ。
傾斜がきつい。

時間も微妙だし、正直下山したい。
ツラくて何やってるんだと思うよ。

でも!
ここまで登ってきたんだから頂上まで登り切りたい。
こんな所で引き返したら、ぜったいに後悔する。

あともう少し、がんばろう。

ふぃ、蚕玉岳にたどり着いた。
お土産やさんというか、売店がある。

乗鞍岳登山に行ってきました的な、キーホルダーの様なものがあるな。

ま、ゆっくり見ている時間もないし、先を急ごう。
剣ヶ峰はすぐそこだ。

登る。
さらに、登る。
もっと、上を目指して登る。

登っている時は、基本的に無心なことが多いんだけれど、時間が経つにつれ自分との対話が始まるんだ。

自分の今の状況。
自分がやりたいこと。
自分の未来の姿

そんなとりとめのないことが、頭の中をグルグル駆け巡る。

普段考えないといけないことなんだけれど、生活の忙しさや惰性の中で一番後回しにされてしまう課題たち。
不安と自信のなさから、正直まっすぐ向き合いたくない気持ちもするんだ。

。。。自分はどこへ向かっていくんだろう。

心から湧き上がってくる想いは、
『旅がとにかく好き』
これに尽きた。

無間の思考を続けていたら、そろそろ頂上だ。
何かの石碑がある。

あと少し。
一気に登ってしまおう!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP