Travel Diary

マニラ 日本人の口にも合うフィリピン料理に舌鼓

物件の内覧や渋滞で、押しまくった結果、現在の時刻は20時を回っている。
予定していた最後の物件の内覧は中止して、ディナーに向かっている最中だ。

ホテルの方で食べるか、グリーンベルトで食べるか迷ったけど、後者になった。

お店はライカのおすすめ。
美味しいフィリピン料理ということで、楽しみだ♪
フィリピンに来て、まだフィリピン料理を食べていなかったからね。

グリーンベルトに到着すると、スゴイ人混み。
皆ディナーで、モール内はごった返している。

10人ということで、お店にこの人数が入れるか心配したが、どうやら大丈夫らしい。
「Twists」というフィリピン料理のお店の2階に上がり、テーブルに着く。

メニューを見て見る。
うん、いかにも東南アジア料理っぽい。

 

辛そうな料理が多いのと、スープ系の煮込み料理が多いの特徴だ。

そしてライカに聞くと、フィリピンでもやはり油を多めに使う料理が多いそうだ。
その為、フィリピン女性は痩せている、というイメージがあるが、実際はかなりふくよかな人が多い。
スイーツが甘めなのも原因だろうな。

ライカのおすすめで、美味しそうな料理を注文してくれる。

お、来た来た♪
どの料理も美味しそうだ。

 

春巻きウマいっ!
外カリッカリで、中の具も旨味がたっぷりだ。

続いて、このコーンポタージュのようなスープ。
お、辛い。見た目甘そうだけど、例えるならトムヤムクンのような味だ。
海鮮の出汁がよく効いている。

鶏肉もよく上がっていて、美味しい。
かなり脂っこいが、これがクセになりそうだ。

鈴木さんの投資話を中心に、ディナーも盛り上がってくる。

ふと他のテーブルを見回してみると、フィリピン人らしき人の他に、欧米人など幅広い人種がいることに気がつく。
中華系など東洋人も多い。

そして、どのテーブルもとても活気がある。
皆声が大きく、2m先の鈴木さんの声があまり聞こえないくらいだ。

これがフィリピンの熱気だ。
とても活気があって、この国の元気の良さ、成長に対する期待が高まる。

2時間ほど食事を楽しんだ後、お会計を済ます。
けっこう料理を頼んだのだが、1人500円程度。おそらくいくらか鈴木さんが持ってくれているのだろうが、めっちゃ安いね。

グリーンベルトからホテルに戻ることに。
再び不動産会社のミニバンが、迎えに来てくれるそうだ。

ロータリーで待っていると、「Grab」のカウンターがあることに気づく。
「Grab」は東南アジア版のUberだ。
スマホのアプリで、個人が運転するタクシーを呼ぶ仕組みだ。

乗り場と目的地を指定すると、現在位置から近いタクシーが表示され、ドライバーの評価を参考に呼ぶこともできる。
そして、予めタクシー代も計算されるので、明朗会計、ダマされることもないから安心だ。

ミニバンが到着。
乗り込み、車はホテルの方へ向かって行く。

夕方は激混みの道。22時過ぎのこの時間でも、まだ渋滞が残っている。
マカティ通りに入ると、車の進みが遅くなる。

歩きだと2,30分の道を、40分くらいかけてホテル付近に到着。
最後は歩きでホテルまで。

そして、皆でバーに行くことに。
I’Mホテル屋上に、ルーフトップバーがあるらしい。

50階くらいまで、エレベーターで上がる。
バーにはカラフルな灯りが灯り、めっちゃパリピっぽい雰囲気。

ルーフトップはこの上の階らしい。
どんな景色が見えるのか、楽しみだ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP