Travel Diary

モロッコ 世界文化遺産・フェズ旧市街を見下ろす丘

20分ほど自由時間をくれるらしいけど、多分、そんなもんじゃ皆集まらないだろうな。。。
20分だとほとんど、何も見れない。

スークにはお土産屋さんが、ずらっと並んでいるけど、ボクは特に欲しいものもないなぁ。
皆に着いていくか。

伊佐さんを先頭に、お土産屋さんに片っ端から入って行く。
ジュラバを中心にざっと見て、値段を聞いていく。

やっぱり手慣れたものだ。
見ては次、見ては次と、どんどん進んで行く。

と、1つのお店の前で足が止まる。
同じ形で異なるカラーのジュラバを取り揃えたお店だ。

この色違いのジュラバ、皆で着たら映えるだろうなー。

女性陣が皆食いついている。
一人一人、どの色がいいか、選んでいるみたいだ。

。。。あっという間に時間が過ぎていく。

20分くらいかけて、ようやく決まったようだ。
集合時間は、、、うん、過ぎてるよね。

途中飲み物を買いつつ、急いで(?)集合場所に戻る。
イッサンお待たせー。

イッサン、アッサン、ヤマニーさんは、近くのカフェで休憩だ。
そして、駐車場までイッサンが戻り、バスを持ってくる。

今度は、どこに向かうのか。
10分弱で、どこかに到着。

お、すごい!
目の前には絶景が広がっている。

少し高台のようになっていて、フェズの街が一望だ。
下から吹き上げてくる風に、身体を持っていかれそうになる。

ここでも、皆で記念撮影。
記念撮影の他に、人によっては絶景をバックに、プロフ用の写真を撮っている仲間も。

上手く撮れば、インパクトのある写真になりそうだね。

そして、ヤマニーさんが、フェズの街を説明してくれる。
フェズには世界最古の大学があるそうだ。
モスクと併設されているので、この高台からも見れるそう。

目印は、モスクのミナレットだ。

お、あれかな?
一つだけ高い塔の様なものがある。特徴的なので、分かり易い。
それにしても、世界最古の大学がこんな所にあるなんて。

改めてフェズの歴史の深さを感じるね。

今いるフェズの位置を、グーグルマップで検索。
すると、街の西の外れの方に、現在位置のポイントが。

ん?
今いる所のすぐ横に、今日泊まるホテルの表示がある。
左側を見てみると、確かにホテルっぽい建物が。
しかも、立派だ。今日のホテルは5つ星みたいだから、すごい期待していたんだよね。
今日は、シャワーにも困らなそうだ。

「では、次の場所にいきますよー」
出発の時間か。皆でまたバスに乗る。

高台を下っていくと、バスは新しい旧市街の外れの方へ。
通り過ぎる街中をよく見ると、カフェが数多くある。
そして、そのテラスには男性がたくさん。皆コーヒーを飲みながら、話をしたり、こちらの通りの方を眺めている。

時刻は16時半くらい。
男性は仕事をしていないのだろうか。そして、何やってんだろ?
結局、謎だ。。。

バスが停まり、皆が下車する。
着いたのは、フェズの陶器を作っている工房だ。

工房に入ると、作りかけの数多くのお皿やタジン鍋が。
まだ焼きを入れる前なのだろう。
白い素材に、様々な色で模様が入れられている。

焼くと色が濃く出るのだろうが、薄い感じもパステル感が出て綺麗だ。

あとは、模様の型なのかな。
格子模様など、イスラムっぽい特徴が出た型が、無造作に床に置かれている。

工房の奥に目を向けると、職人さんが作業を黙々としている。
椅子に座り、前かがみで筆を執り、色付けをしている。

カメラを向けても気づかないくらい真剣だ。

この辺りにある、作りかけの陶器は、全て職人さんのハンドメイドのようだ。
お皿自体はある程度機械で作っているのだろうけど、最後の仕上げは全て手だ。

一つ一つ作り上げるのに、結構時間が掛かるのだろうな。

工房を抜け、次は併設されているショップへ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP