Travel Diary

クアラルンプール プトラ・モスクまでのバスでの行き方

さて。
改札は抜けたけど、バス停はどこだろうか。

ネットであらかじめ調べた通り、改札を出て、まずは右に進む。
確か突き当たりを左、って書いてあったよな。

 

突き当たると左右に分かれていて、その先はどちらも下の階に続いている。
調べた通りに左に進み、階段を降りる。

1階をそのまま真っ直ぐ、と。
お、あった!
バスのインフォメーションセンターだ。

この駅すごいね。
バスの乗り場が10個くらいある。何番乗り場のバスに乗ったらいいか、全然分からん。
よし、インフォメーションの人に聞いてみよう。

すいません、プトラ・モスク行きのバスはどれですか?
係りの人はムスッとした顔で、カウンターの窓に貼られている紙を、指で無造作に指し示す。

あ、ここに書いてあったのね。
どうも。(ってか態度悪いな。もっと愛想よくしてくれよ)

っと、心の声が出そうになった。
まあ、日本人の対応が異常なのかな。海外だとホントに皆無表情で業務を遂行する感じだ。
一切の感情を挟まずに、事務的にやる感じ。イミグレとかね。

やっぱり、なんか印象良くないよね。
いくら仕事とは言え、もう少し心細い観光客に気を遣ったらいいのに。

張り紙に書かれていた通り、L15のバス、110番乗り場の前へ行く。
まだバスは来ていないようだ。

お、来た。
このバス、、、だよな。

プトラ・モスクはかなり人気のスポットだと思うけど、誰もバスに乗らないから合っているか不安だ。
ちょっと様子を見よう。

。。。やはり誰も乗らない。
しょうがない。ちょっと勇気を出して、運転手さんに聞いてみるか。

すいません、これプトラ・モスク行きますか?
「はい、行きますよ」

やった!ビンゴ!
まあ、張り紙に書かれていた通りなんだけど、このバスでいいみたいだ。

1.5リンギットか。
めちゃ安いな。
ごめんね、まだマレーシア着いたばかりで小銭がないんだ。

お釣りを受け取り、運転席のすぐ斜め後ろ、一番前の席に着く。
と、5分ほどしてバスの扉が閉まる。

結局ボクだけか。
まだ7:40だからね。この時間だし誰もいないのは当たり前か。

バスが駅を出て行く。
バス停は西口側だが、プトラ・モスクは東側。バスは線路を越えて東側へ。
そのまま真っ直ぐ行けばモスクなんだけど、南へ折れて行く。

巡回バスだから市内を通って行くみたいだ。
ハイウェイのようなところを、かなり長い距離進んで来た。

モスクからはだいぶ離れてしまったと思うけど、大丈夫か?

ようやく北東側にバスが進路を変え、モスクの方へ進んで行く。
しかし、この辺りは完全に計画されて作られた都市みたいだな。

金融と行政の機能を集めているっぽい。
建物は大体金融系の新しくも斬新なデザインのビルばかりだ。

そして今走っている道は、だいぶ先まで直線の一本道。
遠くの方に、ガイドで見た首相官邸が見える。
建物のてっぺんが玉ねぎ型の球体になっているので、すぐ分かる。

お、モスクが見えて来た!
本当にピンクだ。

駅を出発して15分ほど。ようやく目的のプトラ・モスクに到着だ。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP